美容外科への転職で注意したいこと

出産後に個人病院に勤務するが業務量が多く美容外科へ

子育て中は休職している感覚で、ひと段落したら看護師の仕事に復帰することは決めており、主人との話し合いもかさねていたものです。
職場復帰先の病院に選んだのは、隣の市にある中規模の入院設備併設の個人病院です。
これまで総合病院の外科というハードな現場での経験の積み重ねもあったので、その時の経験を活かすことができると考えていたのは否定できません。
しかしいくら個人病院とはいえ、スタッフの数を前提にすれば入院患者の数が多くなっています。
これは公人病院特有の問題かもしれませんが、慢性的な人手不足が深刻化しているのです。
おかがで一人一人の担当患者数は多くなり業務量もふえれうことになるので、かつての総合病院とさほど変わらない穂とのタスクをこなすことを要求されるようになったわけです。

これでは家族との生活が破綻をきたすので、業務時間を想定することができる美容外科転職先に選びました。
美容外科であれば生命に関係する仕事に携わることはなく、入院設備も原則として備えていないので夜勤や残業などのタスクはすくなくなります。
また公的保険の縛りをうけない自由診療になるので対偶も比較的良好な傾向があります。
しかし美容外科では患者さまの『美』を追及する目的を実現するために、各種の治療を提供していいるので気を付けたり配慮する場面があるのも事実です。

看護師としてハードな外科勤務はやりがいもあった : 出産後に個人病院に勤務するが業務量が多く美容外科へ : 美容外科では患者の要求への理解と情報収集も大事