美容外科への転職で注意したいこと

美容外科では患者の要求への理解と情報収集も大事

看護師としてハードな外科勤務はやりがいもあった : 出産後に個人病院に勤務するが業務量が多く美容外科へ : 美容外科では患者の要求への理解と情報収集も大事

例えば一般的な医療施設では治療の効果は患者様にはなかなか実感頂けないものです。
これといった変化を感じることは無くても、血液検査や画像診断などの客観的資料に基づいて、医師という専門家の判断で治癒判定がされるからです。
これに対して美容外科では鏡の向こう側に全ての結果は現れてしまいます。
どんなに医療者が成功と判断しても、患者さまの満足につながらなければ意味がないわけです。
そのためカウンセリングの際には患者さまの本当の要求はどこにあるのかに耳を傾ける姿勢が必要です。
また自分自身で、最新の美容関連情報を積極的に収集している患者さまも多いので常に最新の知見に敏感になってch式のアップデートを怠らないようにすることも必須になっています。
患者さまの疑問や質問には適切かつ迅速にこたえるようにしておかないと信頼関係を構築することは難しいからです。
美容外科にはこういった特性があることを意識しておけば、後悔しない転職を成功させることが出来るはずです。